変動金利の特徴

住宅を購入するときに考えるべきこと

住宅を購入するのは一生に一度か二度です。それ以上購入する場合は仕事関係の場合だけです。このように購入する機会が少ないということは知識や情報が少ないことでもあります。簡単な言い方をしますと「慣れていない」ということです。人は誰でも慣れていないことでは失敗をする確率が高くなります。その意味で言いますと、住宅を購入するときは失敗する確率が高いことになります。

では、なにを失敗するかと言いますと住宅ローンです。住宅の価格はほかのものの価格とは桁が違います。数千万円が一般的ですので現金で一括で購入することはほとんどありません。ですので住宅ローンを利用することになりますが、住宅ローンもまた利用する機会はほとんどないのが普通です。つまり「慣れていない」ことになります。

住宅ローンの固定金利と変動金利について

住宅ローンを大まかに分けますと、固定金利と変動金利があります。この2つの違いは読んで字のごとくですが、金利が変動するかどうかです。ほとんどの人がどちらが有利なのか悩むところですが、正解はだれにもわかりません。なぜなら未来について誰も予想できないからです。契約をしたときの金利が30年間続くのか、もっと高くなるのかそれとも安くなるのかは誰にもわからないのです。ですから悩むのですが、神様では人間が考えるには限界があります。

未来を予想できないのですからできることは変化に対応することです。つまり変動金利を選ぶことですが、変動金利を選択したなら一番に考えるべきことがあります。それは少しでも貯蓄ができたなら「繰り上げ返済」を行うことです。「繰り上げ返済」は利息を減らす効果がありますので是非とも活用したい対応です。

住宅ローンは家を買うために必要なものですが、あまり利用する機会が多くないので理解していない方も少なくありません。ここではそんな方にも分かりやすいように、詳しい情報を提供しているので参考にしてくださいね。

住宅ローンの金利

住宅ローンの返済

© Copyright Fixed Interest Rates. All Rights Reserved