固定金利の特徴

固定金利のメリットとは

固定金利のメリットは返済の安定性です。住宅ローンの固定金利の場合、経済情勢の変化に関らず将来の金利が固定されます。そのためローンの借り入れの時点で安定した返済計画をたてることが可能です。返済計画が長期間に及ぶとき、金利の見通しは不安定であり将来大幅に上がっている可能性があります。金利負担が小さくなっていく前提で立てたライフプランが崩壊したとき、子どもの教育費用などが払えなくなる恐れが生まれるので、固定金利を選択することで安心できるライフプランを作れます。
また金利が下がったとしても0パーセントを回ることはありません。住宅ローン金利の水準が低いときは固定金利を選択しても将来の金利低下で損をする額は小さくなるので固定金利を選択しやすくなります。

固定金利の注意点とは何か

固定金利は安定性がある分、変動金利よりも利率が高く設定されている点に注意が必要です。銀行は資本市場などを見ながら預金や住宅ローンの金利を決定しており、日本経済の状況と無縁ではありません。そのため預金金利が大幅に上昇して、その前に契約した住宅ローンの固定金利を上回り銀行が損失を出すリスクがあり、これが金利が高くなる理由です。
固定金利と変動金利の利率差は借り手にとっての損失ではなく、資本市場で金利が変わらないことによる安心感を買おうと思ったらかかるコストです。将来の金利上昇の可能性を受け入れて今住宅ローンの支払金利を安くするかどうかを決めるのはローンの借り手であり、どちらが優れているということはありません。

住宅ローンは家を買うために必要なものですが、あまり利用する機会が多くないので理解していない方も少なくありません。ここではそんな方にも分かりやすいように、詳しい情報を提供しているので参考にしてくださいね。

住宅ローンの金利

住宅ローンの返済

© Copyright Fixed Interest Rates. All Rights Reserved