ローン返済で行う金利の変更

借り換えで金利を変える

住宅ローンのなかでも変動型の金利の場合は、景気の状況などに合わせて半年ごとに金利が変わっていきます。世の中の金利が下がれば、同じように住宅ローンの金利も引き下げられます。それに対して、全期間固定型の場合は世の中の景気が変わっても、金利が変動することはありません。金利が上昇した場合にはお得になる固定型ですが、下がった場合は損をしていると感じてしまうことがあります。そんな固定型の金利を引き下げたい時は、借り換えか金利引き下げ交渉を考えてみると良いでしょう。ただ、注意をしておかなければいけないのが手数料です。特に借り換えは多額の手数料が発生しやすく、損をすることがないかよく考えた上で手続きを行うことが大切です。

金利引き下げ交渉の場合は

多くの手数料を支払わずに、金利を下げたい場合に有効な方法が住宅ローンを借りている金融機関との交渉です。金利引き下げ交渉では、まず他の銀行で借り換えができるか乗り換えることによって利益が出るかを確認します。借り換え可能で利益が出る場合は、住宅ローンを利用している銀行の担当者にそのことを伝え、金利引き下げに応じてくれたら借り換えはしないと交渉をしていきます。この時に大切なことは、希望する金利を具体的に決めておくことです。少しでも下がれば得と考える人もいますが、僅かな引き下げであれば手数料を支払ってでも乗り換えをした方が得になることもあります。そのため、支払う利息を少しでも減らしたいのであれば、希望する金利になるまで粘り強く交渉をすることが大切です。

住宅ローンは家を買うために必要なものですが、あまり利用する機会が多くないので理解していない方も少なくありません。ここではそんな方にも分かりやすいように、詳しい情報を提供しているので参考にしてくださいね。

住宅ローンの金利

住宅ローンの返済

© Copyright Fixed Interest Rates. All Rights Reserved