住宅ローンで用意する頭金

夢のマイホーム購入で大切なお金

多くの人にとり、人生の中でも大きな買い物となるのがマイホームです。もちろん、マイホームと言っても中古物件で間取りが狭ければ安いでしょう。そして、新築一戸建て住宅で間取りが広く、さらに土地単価の高い地域なら相当な費用がかかります。ですから、物件によって大きな金額差になりますが、たとえ安い物件でも人生の中で最大の買い物になるでしょう。
そんな大きな買い物なので、自分が持っている現金だけでマイホーム購入できる人はごく一部です。たいていの人は住宅ローンでお金を借りてマイホームを買います。できるだけ多くの頭金を用意できれば、住宅ローンの借り入れ額は少なくて済みます。よって、多くの頭金を蓄えておきましょう。

どれくらいの頭金を用意するか

マイホーム購入で住宅ローンを組む予定なら、どれくらいの頭金を用意するかにより返済額と返済期間は変わります。家にあるありとあらゆるお金を頭金に充てたいところですが、それは危険です。少し余裕を残した形で頭金を用意しましょう。
具体的な金額ですが、借入額を基準とした場合、3000万円以内でおさまるように考えます。それより少なければ少ないだけ良いです。数字でみると最大で3000万円の借り入れと仮定すれば頭金が500万円用意できれば、単純計算で3500万円の家が買えます。これがマックスの金額と考えると良いでしょう。
せっかく、家を購入してもその後の生活が返済で大変な状況では意味がないので、余裕を持った購入を検討しましょう。

住宅ローンは家を買うために必要なものですが、あまり利用する機会が多くないので理解していない方も少なくありません。ここではそんな方にも分かりやすいように、詳しい情報を提供しているので参考にしてくださいね。

住宅ローンの金利

住宅ローンの返済

© Copyright Fixed Interest Rates. All Rights Reserved