住宅ローンを返せなくなった時の対応

まずは、借り換えを検討しよう!

住宅ローンが返せなくなった時は、家族と相談して今後の返済方法について話し合います。返済が一度も遅れたことがない場合は、借りている銀行に相談する前に借り換えすることも可能です。現在の金融機関よりも利息が低いところにすれば、返せる確率も高くなります。再度、ローンを組む時に諸費用は掛かりますが、諸費用も含めて将来的に支払う額が少なくなるなら、借り換えするのもいいでしょう。年齢や状況で借り換えできない場合もあります。その時には、リバースモーゲージへの借り換えです。これは、持ち家を担保にして住みながら融資を受けていきます。死亡後に自宅を売却して、金融機関に融資額を返す方法です。住宅ローンは最初に借りて月々返済していきますが、リバースモーゲージは死亡後にまとめて返します。

金融機関に相談して、延長などの手続きを!

借り換えができない時は、現在借りている金融機関に相談してみましょう。返済計画の変更をしてくれる可能性があります。変更することをリスケジュールといい「返済期間の延長」または「一定期間の元金返済を据え置き、利息のみの支払い」などの対応をしてくれるのです。今までの返済履歴で遅れがなければ、検討してくれる金融機関は多いでしょう。しかし、リスケジュールの相談をすると、債務者区分が引き下げられます。債務者区分とは銀行内でのその人への評価であり、返済できない可能性があるとチェックされてしまうのです。よって、借りている金利の優遇がなくなるだけでなく、今後の融資が受けにくくなるでしょう。最終的に返せない場合は、住宅ローンを支払っていた家を売却して、支払額に充てます。もし売却額よりもローン残額の方が高い場合は、相談をして任意売却をすることになるでしょう。

住宅ローンは家を買うために必要なものですが、あまり利用する機会が多くないので理解していない方も少なくありません。ここではそんな方にも分かりやすいように、詳しい情報を提供しているので参考にしてくださいね。

住宅ローンの金利

住宅ローンの返済

© Copyright Fixed Interest Rates. All Rights Reserved